アリのためのスニーカー

image

@TRIAL IoT Lab (福岡県宮若市芹田9)
@TRIAL IoT Lab (福岡県宮若市芹田9)

《アリのためのスニーカー》

アリはかわいそうな生き物だ。踏みつけられたり、害虫として駆除されたりする。さらに、都市化が進みコンクリートの地面が増えたことで、アリの巣は居場所をなくしつつある。そんなかわいそうなアリのために、「アリのためのスニーカー」をデザインする。

――このデザインストーリーはフィクションである。しかし、このまま動物愛護が過剰に進めばアリもいずれ愛護対象になるだろう。そんな未来では、このスニーカーのデザインストーリーや姿かたちに対して違和感を感じなくなっているのだろうか。

第一回宮若国際芸術トリエンナーレ学生コンペティション優秀賞

mizutamasaya